器用さが重要になる

IT系エンジニアの中には、フリーランスになっても変わらぬ仕事が行えると思い違いをして、『見切り発車』的な転向をしてしまう人も多くいます。よほど高いスキルか、企業内で珍重されるような人間関係を築いていれば話は別ですが、フリー転向一年目は確実に仕事の受注もままならない状況に陥ってしまうケースが大半です。「食い扶持にも困る」といったことにならないよう、しっかりとした準備を行っておく必要があります。他方で、様々な仕事を受注できるような体勢も整えておく必要があります。とにかく転向一年目は「仕事を受注すること」が最重要課題になってきますので、選り好みはせずに課せられる役割を不足なくこなしていかなければなりません。

そのためには『ユースフル・プレイヤー』であることが大変重要になってきます。この点がフリー転向前後の認識のギャップとして、よく叫ばれることが多い注意点です。一つのスキルを深く追求して習得しておけば、後々オンリーワンのエンジニアとして生き残っていく可能性は高くなりますが、当座フリーランスとして生き残っていくためには様々な役割をこなせる点を売りにしていかなければ、ほぼ確実に最初から大きくつまずいてしまうことになります。

フリーのエンジニアとして現在大きく稼いでいる人の中には、最初のプロジェクトなどでは全く違った役割を演じていたという人もたくさんいます。フリーに転向してまず一年目を乗り切るために、IT系業務で様々な役割をこなせるという器用さを身につけておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です