軽々とフリーランスに転向していいのか

昨今、IT分野において多数のプロジェクトが推進されるようになったことで、フリーランスに転向するエンジニアが増加してきました。フリーとなることで収入が増えたり、自由な時間を作ることで社会的な活動が行えるようになったりと、現代社会のインフラを利用する形でその恩恵に預かることができる働き方の典型として、注目を集めています。しかし一方で、フリーランスへの転向はデメリットも孕んでいるため、その点をよく把握した上で吟味し、実際にフリーとなるかどうかを判断する必要があります。

フリー転向のデメリットとしてまず最初に挙げられるのは、十分な収入を得ることができるだけの仕事を請けることができるかどうか、が不透明であるという点でしょう。見切り発車でフリーへ転向して全く仕事を請けられないのであれば、勇み足を通り越し、明らかな人生設計の失敗であると断じられることでしょう。転向一年目から恒常的に仕事を請けることは、大変難しいと言えます。IT系企業に勤務していた場合は、まずそこで培った人間関係を利用して仕事を請けることを第一の手段として講じるべきです。他業種からフリーのITエンジニアに転向する場合は、明確に仕事を請けるだけの確証を得てから行動を起こすように心がけておきましょう。

フリーランスの世界は多くのチャンスが転がっている一方で、生き残るための準備を怠った者は即淘汰されてしまうような世界です。まずはどのように仕事を請けるのか、そのためにどんな準備を整えておくべきなのかをよく考えてから、フリーに転向するようにしましょう。考える為の材料となる情報は、『フリーランス一年目のあなたへ-エンジニア編』を参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です