変わらぬ役割が果たせるスキル

IT系のエンジニアがフリーランスに転向した場合、一年目における最大の課題は『仕事が受注できるのか』ということに終始する場合が一般的です。企業などに所属していた際に非常に高いスキルを身につけていた場合や、フリーに転向してもプロジェクト参加などが継続している場合などは当面の仕事に困るといった状況に陥ることはありませんが、そのようなケースは特殊な状況であると気構えておかなければなりません。

フリーランスに転向したエンジニアの大半は、企業に所属していた際の人間関係を活かして何とかして仕事をもぎとるというのが実状であり、必然的に業務における役割も変わってきます。企業では上層部に位置していたとしても、フリーに転向すればIT業界における地歩はゼロからのスタートになるため、一年目は下請けのデータ作成・管理といった仕事に甘んじる忍耐力も必要になってきます。

一方で、企業に所属している間に培ったスキルや経験を活かして、フリーに転向しても変わらぬ役割を果たし続けることができるものがあります。それは、管理職としての役割です。昨今、急速なIT化の煽りを受けて業界内では多数のプロジェクトが乱立している状況であり、管理職も業務委託されるケースが急増しています。こうした流れを押さえて、企業に所属している間からマネジメントスキルを身につけるように心がけておけば恒常的に仕事を受注し続けることができ、フリーランスとなっても業界内において変わらぬ役割を保持し続けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です